審査の甘いキャッシング業者ってあるの?

審査の甘いキャッシング業者ってあるの?

金融機関に融資を申し込んだ際に行われる審査基準は金融機関により、それぞれですが、大まかに分けると、銀行系が最も厳しく、次に信販系やクレジットカードなどの流通系、他の金融機関に比較して甘いのが消費者金融系です。

 

銀行や信販会社からの融資は、返済できなかった場合に備えて担保を必要としますが、キャッシング業者である消費者金融からの融資は、融資を申し込んだ人の信用度に対して行われます。その為、キャッシング業者の間では、顧客の信用情報が共有できる状態になっており、他のキャッシング業者から、3件以上の借入や多額の借入をしていたり、返済が滞っていたりすると、審査に通らないようになっています。

 

その他に業者間で共用されている情報は、氏名、生年月日、性別、電話番号、勤務先、勤務先の電話番号、滞納、自己破産、債務整理などの事故情報などたくさんあります。そして、キャッシング業者が審査の際に重要視するのが職業です。職業のランクで利用限度額が変わることもあります。

 

審査が厳しめの金融機関で、審査に通らないということを繰り返していると、その情報もすべて信用情報に記録される為、ますます審査に通りにくくなってしまいます。審査が通らないかもしれないというような状況にある時は、審査厳しい金融機関に申し込みをすると、信用情報に悪い記録が残ることになるので気をつけましょう。

 

このような状況のなかで、競合他社に対抗するために審査を甘くしているキャッシング会社もあります。大手キャッシング会社で、審査に通らなくても、通る可能性のあるキャッシング会社です。

 

大手のキャッシング会社はTVCMなども放映されていますので、誰もが名前くらいは聞いたことがありますが、名前を聞いたことのない小規模なキャッシング業者があるのです。ただし、ここで気をつけなければならないのは、ヤミ金融です。キャッシング業は、都道府県知事や財務局長に貸金業の登録する義務があり、登録したうえで営業しています。そして、開業してから3年ごとに登録番号が上がっていくので、登録番号が1であれば開業3年以内、2であれば3〜6年以内ということが判断できます。

 

ヤミ金融でも登録することができるので、名前を聞いたことのないキャッシング業者でしかも、登録番号が1であれば、避けた方が無難です。また、貸金業者が内閣総理大臣の認可を受けて設立した認可法人で、貸金業界の自主規制機関である日本貸金業協会の会員であれば、信用できますので、そこも確認しましょう。