キャッシングができるクレジットカード

審査の甘いキャッシング業者ってあるの?

キャッシングのできるカードローンの為のカードと、ショッピングや月々の公共料金などの支払いに使うクレジットカードは別のものですが、このクレジットカードに、キャッシング枠がついているものがあります。

 

クレジットの利用限度枠とは別に、キャッシングの利用限度額が設定されていて、その範囲内であれば、わざわざキャッシング用のローンカードを作る必要が無いので便利です。ただ、クレジットカードでキャッシングをすると、ほとんどのカードが、キャッシング用のカードでキャッシングをするより、利率が高いので、借入をする前に利息や返済方法を確認しましょう。

 

クレジットカードでショッピングをした場合、一括払いを選ぶと手数料がかかりません。これは、ショッピングをした加盟店がクレジットカードの会社に支払われた代金の中から手数料を支払っているからです。けれども、キャッシングをした場合には、誰も手数料を払ってくれないので、自分が日割りで計上される利息を毎月支払わなくてはならないのです。

 

また、キャッシングをした日から締日までの日数が長いと、利息は大きくなっていきますので、短期のつもりで借り入れても、高い利息を払うことになります。リボ払いで返済すると、さらに利息がふえます。

 

また、クレジットカードでのキャッシングも、カードローンのキャッシングと同じように、借入をしたという記録が、金融機関の信用情報に残ります。その為、キャッシング枠を0に設定している人も多くいます。これは、紛失や盗難時にも被害が少なくて済みます。

 

キャッシング機能付きクレジットカードとカードローンの利率の違い

(100万円までの場合)

オリコ
 クレジットカード:15.0%〜18.0%
 カードローン:4.5%〜18.0%

 

三井住友VISAカード
 クレジットカード:15.0%〜18.0%
 三井住友カードローン:12.0%〜14.5%

 

セゾン
 セゾンショッピングカード:12.0〜18.0%
 セゾンマネーカード:15%

 

楽天銀行
 クレジットカード:18.0%
 楽天銀行キャッシュカード:4,9〜14,5%

 

三菱UFJニコス
 クレジットカード:14.94%〜17.94%
 三菱UFJバンクイック:4,6〜14,6%

 

クレディセゾン
 UCカード:15.0〜18.0%
 クレデイセゾンマネーカード:15%

 

少し話がそれますが、ここ数年総量規制などにより借入が思うようにできず、困った人を巧妙に誘い込むクレジットカードショッピング枠の現金化というシステムが横行しています。

 

これは、現金を入手するためにショッピング枠を利用して商品を購入し、特定の業者に現金化してもらうというものです。この仕組みは悪徳クレジット会社と現金化業者が組んで、消費者を騙し、購入代金よりも多額なクレジット請求をして、差額を設けるためのシステムです。これは適法であるかのように宣伝されており、インターネットにも広告が出ていますが、違法行為です。被害者が増え続けているため、消費者庁も消費者に注意を促しています。