キャッシングのリボ払いの種類について

キャッシングのリボ払いの種類について

リボ払いというのはリボルビング払いの略で、借入金の返済を毎月定額で支払っていく方法のことです。

 

カードローンの場合、必要な時に状況に応じて利用限度額内であれば何回でも借りたり返したりすることができるため、それぞれの借入金に対して返済するのではなく、毎月の返済が低額にすることで管理がしやすいことから利用者が増えています。

 

ただ支払いの管理が楽な代わりに、何に対する支払いが終わり、何に対する支払いが続いているのかということが把握しにくくなり、借入金の総額に対しての管理が緩くなって借入すぎてしまう恐れがあることと、リボ払いの返済金額を低く設定していると、金利がかさみ返済総額が大きくなってしまうというデメリットがあります。

 

返済方法についての説明をよく読み、返済総額が大きくならないような方法を選びましょう。借入額が大きくなると、返済している分が利息の支払いにしかならず、元金が減らないという状況になってしまうと、返済を完了することが難しくなっていきます。

 

リボ払いにはいくつかの種類がありますので、リボ払いの仕組みをよく理解し、その方法で返済することが最も返済総額を減らせるのかをよく検討して選んでください。

 

元利定額リボルビング方式

毎月定額で返済していきますが、その定額の中から利息を差し引いた金額が元金の返済に充てられる方式です。その為、元金の返済には時間がかかります。

 

元金定額リボルビング方式

定額で返済する際に、利息分を加えて返済する方式です。利息分は別に返済するため、返済した分だけ、元金が減っていきます。

 

元利定率リボルビング方式

借入残高と利息を合わせた金額を定立で返済する方式です。

 

元金定率リボルビング方式

借入残高を定率で返済し、その額に対しての利息を支払う方式です。

 

残高スライド定額方式

借入残高に合わせて、段階的に返済定額を変更する方式です。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式で、借入残高に合わせて段階的に返済定額を変更する方式です。

 

残高スライド元金定額リボルビング方式

元金定額リボルビング方式で、借入残高に合わせて段階的に返済定額を変更する方式です。

 

残高スライド定率方式

定率リボルビング方式で、借入残高に合わせて段階的に返済定額を変更する方式です。

 

残高スライド元利定率リボルビング方式

元利定率リボルビング方式で、段階的に返済定額を変更する方式です。

 

残高スライド元金定率リボルビング方式

元金定率リボルビング方式で、段階的に返済定額を変更する方式です。

 

これらの方式はカードを作る際に詳しく説明所に書いてありますので、月々返済する中に利息が含まれるのか、含まれないのか、返済する金額はずっと低額であるのか、手数料や利息はその方式にするとどの程度増減するのかをシミュレーションしてみましょう。